本業が忙しいです。

雑記

忙しすぎるかもしれませんw

スポンサーリンク

毎日終電間際

さすがに終電ではないです。
乗り継ぎでトラブルがあったりして帰れなくなるのは嫌なので、常に3〜4本の余裕は持たせてあります。それに、自分の場合は本当の終電が続いちゃうと体が保たないですし、疲れて過ぎてかえって翌日の作業効率が悪くなっちゃうのもので。

本業とは

自分の本業は、映像制作です。
ゲーム、ビジネスソフト、PV、遊技機等、できることはなんでもやっている感じです。

ただ、アニメや特撮系の仕事は住み分けが違うのが、請け負ったことがないですね。あちらのお作法も知りたいので、時々会社にはリクエストを出したりしているのですが、実現したことはないですね。そういう業界の人と、交流を持ってみたいものです。

こんなご時世に、仕事が忙しいのはむしろ有り難いなと思いますね。給料も変わらず出ていますし。飲食関係とかイベント関係の方達は本当に大変そうです。そう思うと、本当に自分は恵まれているなと感じます。

自分は好きで働いていますが、ずっとブラックだ、社畜だといわれてきた業界ですからね。まさか、この業界でよかったな、なんて考える時が来るなんて思ってもみませんでした。
でも、本当に早く安心して外食やライブや芝居なんかに出かけられる日が来て欲しいですね。

肝心の開発は

もちろん続いております。
メインのグラフィックは描き進めてもらっていますし、イベントの考案も進めてもらっています。滞っているのは自分のプログラムのみ。

StudioHunburgは、みんな本業で中堅以上やベテランばかりなので、本業あってこその副業というのもわかってくれていますし、僕が滞れば自分たちの締め切りも延びると、のほほんと構えてくれております。

無理せず、立ち止まらずに進んでまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました